弁護士への相談

交通事故後遺障害の等級認定をしたいならば、弁護士に相談をすると良いでしょう。そのメリットはたくさんあります。まず必要書類の収集をしてくれます。自分で資料収集をする必要がなくなるため負担が軽減されるでしょう。また資料の収集の際にはできるだけ認定に有利になるような資料もしっかりと集めてくれます。たとえば主治医の意見書や被害者本人による陳述書です。どのような資料があれば有利になるのかを弁護士は正しく理解しています。

資料作成また、後遺障害診断書の作成もサポートしてくれます。こちらの書類にどのような内容が記載されているのかは、等級認定に大きく影響するのです。弁護士であれば診断書作成要領を医師に提出したり、追加検査を依頼したり、修正を頼むこともできるのです。

また、後遺障害の申請をしたあとの賠償交渉も弁護士が対応してくれるでしょう。これによって賠償額を増額できるかもしれません。ただし、この場合は交通事故の得意な弁護士に頼むようにしましょう。

このように弁護士に相談をすることによって、さまざまなメリットを得ることができます。交通事故の被害にあってしまったならば、早めに弁護士に相談をしておくべきでしょう。そうすれば後遺障害の等級認定を受けるためのアドバイスをしてくれます。