等級取得の流れ

もし交通事故の被害によって後遺症が残ってしまったならば、それを後遺障害として申請しましょう。これは後遺障害等級の認定を受けることによってできます。それぞれの症状や程度などによって等級が決定されるのです。等級の違いは賠償金の基準額が異なっています。そのため、より程度の重いものについては等級による賠償金の基準が高くなっているのです。

医師具体的な手順としては、まず医師に後遺障害診断書を書いてもらいます。そして、保険会社にその書類を送ります。この書類は損害保料率算出機構・自賠責損害調査事務所へとまわされます。そこで後遺障害についての調査が実施されて、等級の判断がされます。もし結果に不服がある場合には異議申し立てをすることもできます。再申請をするのです。

申請方法は事前認定と被害者請求があります。事前認定というのは任意保険会社に対して申請手続きを頼むことです。被害者請求は自身で申請手続きをします。しっかりと適正な等級認定を受けたいならば、自分で申請をするべきでしょう。等級認定は自賠責損害調査事務所が行います。こちらは公正中立な立場から調査をしてくれるのです。

このような流れで後遺障害の認定を受けることができます。