弁護士への相談

交通事故後遺障害の等級認定をしたいならば、弁護士に相談をすると良いでしょう。そのメリットはたくさんあります。まず必要書類の収集をしてくれます。自分で資料収集をする必要がなくなるため負担が軽減されるでしょう。また資料の収集の際にはできるだけ認定に有利になるような資料もしっかりと集めてくれます。たとえば主治医の意見書や被害者本人による陳述書です。どのような資料があれば有利になるのかを弁護士は正しく理解しています。

資料作成また、後遺障害診断書の作成もサポートしてくれます。こちらの書類にどのような内容が記載されているのかは、等級認定に大きく影響するのです。弁護士であれば診断書作成要領を医師に提出したり、追加検査を依頼したり、修正を頼むこともできるのです。

また、後遺障害の申請をしたあとの賠償交渉も弁護士が対応してくれるでしょう。これによって賠償額を増額できるかもしれません。ただし、この場合は交通事故の得意な弁護士に頼むようにしましょう。

このように弁護士に相談をすることによって、さまざまなメリットを得ることができます。交通事故の被害にあってしまったならば、早めに弁護士に相談をしておくべきでしょう。そうすれば後遺障害の等級認定を受けるためのアドバイスをしてくれます。

等級取得の流れ

もし交通事故の被害によって後遺症が残ってしまったならば、それを後遺障害として申請しましょう。これは後遺障害等級の認定を受けることによってできます。それぞれの症状や程度などによって等級が決定されるのです。等級の違いは賠償金の基準額が異なっています。そのため、より程度の重いものについては等級による賠償金の基準が高くなっているのです。

医師具体的な手順としては、まず医師に後遺障害診断書を書いてもらいます。そして、保険会社にその書類を送ります。この書類は損害保料率算出機構・自賠責損害調査事務所へとまわされます。そこで後遺障害についての調査が実施されて、等級の判断がされます。もし結果に不服がある場合には異議申し立てをすることもできます。再申請をするのです。

申請方法は事前認定と被害者請求があります。事前認定というのは任意保険会社に対して申請手続きを頼むことです。被害者請求は自身で申請手続きをします。しっかりと適正な等級認定を受けたいならば、自分で申請をするべきでしょう。等級認定は自賠責損害調査事務所が行います。こちらは公正中立な立場から調査をしてくれるのです。

このような流れで後遺障害の認定を受けることができます。

交通事故の後遺障害

事故交通事故の被害にあっている人はたくさんいます。自分は関係ないと考えている人がいるかもしれませんが、いつ被害にあってしまうのか分かりません。万が一のことについて考えておくことは大切でしょう。

もし交通事故の被害を受けてしまうと、怪我をしてしまったり、最悪の場合は死んでしまうことになります。これら以外にも、交通事故による後遺障害という問題があります。後遺障害というのはいわゆる後遺症のことです。さまざまな症状が治らずに残ってしまう可能性があるのです。それは交通事故を受けてすぐに判明するわけではありません。治療を受けて症状が固定されてしまって初めて後遺症であると認定されるのです。また、そのような後遺症の症状がすぐに出るとは限りません。事故の数カ月後になって分かるケースもあるのです。

もし交通事故の被害によって後遺障害を受けたならば、慰謝料を請求することができるでしょう。後遺症は基本的に治ることがありません。そのまま症状が残ってしまうのです。そのことに対する精神的なストレスというのはとても大きいでしょう。被害者に対してかなりの精神的なダメージを与えてしまいます。そのため、慰謝料を請求する権利が認められているのです。

後遺障害の慰謝料については等級取得というものが関わります。こちらでは後遺障害になった方が慰謝料を請求する際に必要なことについて説明しましょう。等級取得のやり方弁護士への相談などについて解説します。